知覚過敏症状について

特定の飲みものや食べものによって歯がシミたことがありますか?それは、知覚過敏症状かもしれません。

 

どうして歯がシミるのでしょうか?

突然歯がシミるなどの症状を感じている人はたくさんいますが、歯の痛みには、知覚過敏症状だけでなくさまざまな原因があります。特に歯の違和感が継続する場合は、歯科医に相談して診察を受けてください。

 

知覚過敏の症状と、他の歯の痛みの原因についてご説明します。

  • 知覚過敏症状の誘発要因
  • ムシ歯を含む歯の痛みの原因
どうして歯がシミるのでしょうか?

 

知覚過敏症状の誘発要因

知覚過敏症状は、次のような刺激によって発生することがあります。

  • 冷たい食べものや飲みもの
  • 熱い食べものや飲みもの
  • 甘いものや酸っぱいもの
  • 冷たい空気
  • 歯磨き

 

 

知覚過敏症状の原因

ムシ歯を含む、その他の歯の痛みの原因

ムシ歯

ムシ歯の痛みは知覚過敏症状の痛みに似ています。ムシ歯は、歯垢内部の細菌が、食べ物や飲み物に含まれる糖質から酸をつくることが原因で発生します。ここでつくられた酸は次第にエナメル質や象牙質をやわらかくして溶かします。フッ素配合のハミガキで毎日ハミガキすることで、強い歯をつくり、ムシ歯を予防します。

ムシ歯の怖いところは、かなり進行するまで痛みを伴わないところです。ムシ歯は早い段階なら治療することができます。痛みがなくても、歯科医師はムシ歯を早い段階で診断できますので、歯科医院で定期的に検診を受けてください。

歯のホワイトニング 

歯科医師によるホワイトニングの治療中や治療後に、多くの人がシミる痛みを感じています。ここで言うホワイトニングは、歯科医師による薬剤を使用したホワイトニング治療を指します。

歯科医師によるホワイトニング治療中または治療後に感じるシミる痛みは、知覚過敏症状とは異なります。ホワイトニング治療で使用された薬剤が、エナメル質と象牙質に浸透して歯の中心部の歯髄に到達し、これが原因で炎症が発生して一時的な痛みを誘発します。

治療後

歯の治療後に一時的な痛みを感じることはよくあることです。痛みが継続する場合は、歯科医師にご相談ください。歯の痛みのその他の原因には、歯ぐきのはれや歯にヒビ・割れが生じることなどが挙げられます。歯科医院で定期的に歯と歯ぐきの健康状態について検査を受けてください。定期検診以外にも、痛みや違和感を感じた場合や、症状が持続する場合は、歯科医師にご相談ください。

 

20歳から50歳までの人が最も多く知覚過敏症状を患っています。
知覚過敏症状は誰にでも起こりうる歯のトラブルです。歯ぐきが下がる、歯のエナメル質が摩耗するなど、一般的な歯のトラブルに伴って、徐々に悪化することもある歯の症状です。

 

歯がシミる原因とは?

知覚過敏症状は、歯の内側にあるやわらかい「象牙質」が露出してしまうことで発生します。象牙質は歯のエナメル質の内側にある組織です。

象牙質には無数の象牙細管が歯の中心に向かって伸びています。象牙質がむき出しになると、外部からの刺激(冷たい飲みものなど)が象牙細管を通って歯の内側の神経に伝わり、結果として瞬間的に鋭い痛みを感じるようになります。これが知覚過敏症状の痛みの特徴です。

知覚過敏の診断には、歯科医師の診察が必要です。歯に違和感を感じる場合は、必ず歯科医師にご相談ください。知覚過敏を発症してしまっても、お口のケアと食生活を少し変えることで、象牙質の露出を最小限に抑え、シミる痛みを予防できることもあります。

歯がシミる原因とは?


知覚過敏症状の主な2つの原因
 

エナメル質の摩耗

 

エナメル質は歯の外側、表面を覆う硬い組織です。体の中で一番硬い組織ですが、時間の経過と共に摩耗することで内側の象牙質が露出してしまうことがあり、これが知覚過敏症状の原因になることがあります。

 

エナメル質の摩耗の原因
 

過度な歯磨き
歯を頻繁に磨きすぎたり強く磨き過ぎることで起こります。

 


 

歯ぎしり
歯ぎしりはエナメル質を摩耗し、やがて内側の象牙質を露出してしまいます。


 

酸蝕歯 (さんしょくし)
食べものや飲みものに含まれる酸によって、歯のエナメル質は徐々に摩耗していきます。これを酸蝕歯(さんしょくし)と呼びます。


 

 

歯ぐきの後退

 

健康な歯ぐきは、健康な歯の基本です。歯ぐきの後退が進行するにつれ、象牙質が露出してしまうことがあります。

 

歯ぐき後退の原因
 

過度な歯磨き
毛先が固い歯ブラシも歯ぐき後退の原因になることがあります。

 

歯周病(歯周炎・歯肉炎の総称)
口臭や、歯ぐきが赤くなる、腫れる、出血するといった症状が含まれます。
 

加齢
多くの場合、加齢に伴って歯ぐきは後退します。
 

知覚過敏症状の予防

知覚過敏症状を患っていることがわかったら、次は予防方法について考えます。歯科医師に症状を伝え、症状の原因と予防法について相談しましょう。知覚過敏症状に適したお口のケア習慣、正しいハブラシの方法、頻度などについて歯科医師から説明を受けてください。

 

このセクションでは、これらについてより詳しくご説明します。

  • 自分に合ったハミガキを選ぶ 
  • 歯科医師への相談
知覚過敏症状はどのようにして治療すればよいですか?

 

シュミテクトはどのように 知覚過敏症状を予防しますか?

シュミテクトは、知覚過敏ケアブランドです。シュミテクト製品は、毎日のケアで知覚過敏症状を防ぎ、歯の健康を維持します。

シュミテクトで1日2~3回のハミガキがおすすめです。

全てのシュミテクトには、下記の効能があります。

・知覚過敏症状の予防
・ムシ歯予防

 

あなたに合った知覚過敏症状予防ハミガキを選ぶ

知覚過敏症状予防以外の作用も確認したうえで、ご自分に合ったハミガキをお選びください。

シュミテクトお勧めのケア方法

知覚過敏症状のケア、歯と歯ぐきを清潔に保つ効果をお求めの方には、シュミテクトハミガキとシュミテクトハブラシで、1日2~3回ハミガキをすることをおススメします。

ご自分に合ったお口の健康維持については、歯科医師にご相談ください。

歯科医師の役割

知覚過敏は歯科医師の診断が必要です。歯に違和感を感じる場合は、必ず歯科医師にご相談ください。知覚過敏症状をお持ちの方に適したお口のケア、正しいハブラシの方法、頻度などについて、説明を受けてください。

酸蝕歯(さんしょくし)のリスクが高いと思われる方は、酸を多く含む食べものや飲みものをどのように食生活に取り入れればよいかなど、ご相談ください。

歯科医師に相談するべきタイミングは?

歯の痛みには、知覚過敏症状だけでなくさまざまな原因があります。歯に不快感があったり痛みを感じたりしたら、できるだけ早く歯科医師に相談されることをお勧めします。また、歯科医院で定期的に検診を受けることをお勧めします。 

 

知覚過敏症状の継続的なケア

知覚過敏予防には、毎日のお口のケアに良い習慣を取り入れることが大切です。

 

お口のケアのアドバイス

 

知覚過敏症状を防ぐハミガキを使用する
シュミテクトはシミる痛みを予防します。1日2~3回のハミガキがおすすめです。

 

よりやわらかなハブラシを使用する
歯を強く磨き過ぎないよう、やわらかい歯ブラシを使用するのもよいでしょう。

歯ぎしり予防 
歯ぎしりをされる方、または朝起きた時に歯がシミる方は、できるだけ早く歯科医師にご相談することをお勧めします。
 

毎日ハミガキとフロスを行う
ハミガキやフロスを使ってお口の中を清潔に保つことは、歯ぐきの後退を引き起こす歯周病予防に有効です。これは、歯ぐきの後退で起こる知覚過敏症状の予防にもつながります。。

 

歯科医院で定期的に検診を受ける
歯科医院に長い間行っていない場合は、今すぐ検診を受けましょう。
 

歯を頻繁に、強く磨きすぎない 歯を強く磨きすぎたり、頻繁に磨きすぎたりすると、歯ぐきの後退や歯のエナメル質の摩耗につながることがあります。これらは、象牙質の露出につながり、結果として知覚過敏症状の原因となる場合があります。

 

お口の健康を維持するためのハミガキ方法、頻度や、時間については、歯科医師にご相談ください。

好きな食べものと飲みものを楽しむ

食べものや飲みものに含まれる酸によって、歯のエナメル質は徐々に摩耗していく可能性があります。果物、フルーツジュース、炭酸飲料、コーヒーや紅茶、ワイン、ケチャップやドレッシングなど、酸味を含むものはすべて歯のエナメル質の摩耗の原因となりえます。酸蝕歯(さんしょくし)のリスクが高いと思われる方は、酸を多く含む食べものや飲みものをどのように食生活に取り入れればよいかなど、歯科医師にご相談ください。


PROエナメルなど酸蝕歯(さんしょくし)に着目したハミガキもお試しください。PROエナメル