知覚過敏の症状

知覚過敏の症状

知覚過敏の症状

知覚過敏の症状

知覚過敏症状の原因

知覚過敏症状は、次のような刺激物が原因で発生することがあります。

  • 冷たい食べものや飲みもの
  • 熱い食べものや飲みもの
  • 甘いものや酸っぱい物
  • 冷たい空気
  • 歯磨き
知覚過敏症状の原因

ムシ歯を含む、その他の歯の痛みの原因

ムシ歯

ムシ歯の痛みは知覚過敏症状の痛みに似ています。ムシ歯は、食べものや飲みものに含まれる糖質と、歯垢内部の細菌が、酸を作ることで発生します。ここでつくられた酸は次第に歯のエナメル質と象牙質をやわらかくして溶かし出します。フッ素配合のハミガキで毎日ハミガキすることで、強い歯をつくることができます。

ムシ歯の怖いところは、症状がかなり進行するまで痛みを伴わないところです。ムシ歯は早い段階なら治療することができます。痛みがなくても、ムシ歯を早い段階で診断して治療することができますので、歯科医院で定期的に検査を受けてください。

歯のホワイトニング 

多くの人が、歯科医師によるホワイトニング治療中、治療後にシミる痛みを感じています。ここで言うホワイトニングは、歯科医師による薬剤を使用したホワイトニング治療を指します。 

歯科医師によるホワイトニング治療中または治療後に感じるシミる痛みは、知覚過敏症状とは異なります。ホワイトニング治療で使用された薬剤が、エナメル質と象牙質に浸透して歯の中心部の歯髄に到達し、これが原因で炎症が発生して一時的な知覚過敏症状を誘発します。

治療後

歯の治療後に一時的な痛みを感じることはよくあることです。痛みが継続する場合は、歯科医師にご相談ください。

歯の痛みのその他の原因には、歯ぐきのはれや歯にヒビ・割れが生じることなどが挙げられます。歯科医院で定期的に歯と歯ぐきの健康状態を確認してください。痛みや違和感を感じた場合や、症状が持続する場合は、歯科医師にご相談ください。

シュミテクト®知覚過敏チェック

知覚過敏チェック

知覚過敏症状かもしれないとお感じですか?知覚過敏チェックは、知覚過敏症状について詳しく教えてくれる便利なツールです。数分で診断が受けられます。

知覚過敏チェックを受ける

知覚過敏症状について