知覚過敏症状のケア

知覚過敏症状のケア

知覚過敏症状のケア

知覚過敏症状のケア

知覚過敏症状の継続的なケア

知覚過敏予防には、毎日のお口のケアに良い習慣を取り入れることが大切です。

 

次のアドバイスに従ってお口のケアを行ってください。

知覚過敏症状の継続的なケア
  • 毎日ハミガキとフロスを行うハミガキやフロスを使ってお口の中を清潔に保つことは、歯ぐきの後退を引き起こす歯周病予防に有効です。これは、歯ぐきの後退で起こる知覚過敏症状の予防にもつながります。
  • 歯を頻繁に、強く磨きすぎない 歯を強く磨きすぎたり、頻繁に磨きすぎたりすると、歯ぐきの後退や歯のエナメル質の摩耗につながることがあります。これらは、象牙質の露出につながり、結果として知覚過敏症状の原因となる場合があります。
  • より柔らかなハブラシを使用する 歯を強く磨き過ぎないよう、やわらかい歯ブラシを使用するのもよいでしょう。
  • 知覚過敏症状を防ぐハミガキを使用する シュミテクト®はシミる痛みを予防します。1日2~3回のハミガキがおすすめです。

お口の健康を維持するためのハミガキ方法、頻度や、時間については、歯科医師にご相談ください。

'知覚過敏症状について